現地行く蔵について 外出を全面サポートする介護タクシーです プロのドライバーが外出をお手伝い 東京都渋谷区の現地行く蔵

現地行く蔵について

楽しくて思い出に残る外出を全面サポートします

介護が必要な方であっても、テレビで紹介された観光地やロケ地などへ行ってみたいと思われる方は多いはず。久しぶりの帰省やお墓参り、お買い物、コンサート、観劇、相撲観戦など、気軽なお出掛けは、気分転換にもなり、楽しい思い出にもつながります。

けれど、実際に外出するとなると、電車、バスなどの公共交通機関や自家用車などを利用しなければならず、車椅子での移動は決して楽ではありません。

「現地行く蔵」は、交通手段が限られて外出を控えてしまいがちなお客様に、楽しくて思い出に残る外出をサポートする介護タクシーです。 車いす用リフトが付いた介護車両で、2種免許と介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)の両方の資格を持つドライバーが、車の乗り降りから現地の案内まで全面的にサポート致します。

ホスピタリティドライバーは、ホームヘルパー資格とAED技能認定の有資格者です

介護タクシー現地行く蔵のドライバーは、運転2種免許の他、ホームヘルパー2級の資格に加え、普通救命技能認定(AED)の高いスキルを兼ね備えた、ホスピタリティドライバーと呼ばれています。

「介護のプロが運転手のプロに。運転手のプロが介護のプロに」の理念の下、お客様に寄り添い快適なお出掛けを支援するのがホスピタリティドライバーなのです。

ホスピタリティドライバーは、運転手のプロとして車の特性をよく知っています。乗車時には、どこに手をかけどう乗るか、車高が足の負担にならないかを配慮します。また、車椅子の方の場合は、どこで車椅子を引き下げるかもポイントです。ご利用者の立たれた(体重が移動した)タイミングを見計らい、車いすや杖をお取りします。お一人お一人支え方は違いますが、前に立たずできる限り脇や後方から支えます。

下車のポイントも同じですが、腰部を浮かせるのが難しい型の場合は、敷物を引っ張って移動しやすくしたり、中に運転手が乗って抱えながら降りていただくこともあります。とにかく、お客様ご利用者様の負担を最小限に、そして心地よさを最大限にを心がけています。

要介護・要支援の介護認定を受けた方、公共交通機関での移動をためらう方はご利用下さい

現地行く蔵の介護タクシーは、要介護・要支援の介護保険認定を受けた方、ご高齢の方に加え、肢体不自由・内部障害・知的障害など公共交通機関での移動をためらわれる方ならびにそのご家族、介助者にご利用頂けるタクシーです。

現地行く蔵の介護タクシーには、車椅子2台まで乗車可能で、ご家族の方や介助者の座席もございます。

お近くへの買い物、映画や舞台鑑賞など日常生活のサポートに加え、遠方への里帰り、お墓参り、観光、行楽など、娯楽性のある目的地への移動手段としてご利用になれます。お客様のご旅行を更に楽しいものとするため、お客様のご要望を最大限に尊重し、事前にガイドが最適なプランを練り、ご提案させていただきます。最高のお出掛けになるよう全力を尽くします。

もちろん、通所介護(デイサービス)施設の送迎運転業務、施設・通院関連の様々な運転業務も承ります。

サービス料金は、時間距離併用制を採用しております。 初乗り2キロまで710円、以降288メートルまで増すごと(または1分45秒までごと)に90円が加算されます。(詳細は、ご利用料金のページをご参照ください。)

標準型車椅子は、無料で貸し出し致します。

ソーシャルブックマーク

  • Googleブックマークに登録
  • はてなブックマークに登録
  • submit to reddit

ソーシャルカウンター